Sha*ra*ra

他人の思い出

f0129510_947357.jpg


古い窓。 はげた塗料。
時間と人の痕跡。
人は味がある、と言う。


ただ私がそれに愛しさを感じないのは、それは他人の思い出だから。
自分でつけた傷こそが愛しい証。





にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ  
[PR]
by xmxmxm | 2011-10-03 09:50 | 建物・街